うずの笑顔

大型の台風、関東地方は逸れてくれてホッとしていますが
西日本は大変な大雨でしたね
夜になって、窓を開けていると
強い北東の風が寒いくらいです
うず家にとっては、この肌寒さは
本当に本当に救いの涼しさでした・・・

実はうずさん、月曜日の朝から突然立って歩けなくなっていました
その2,3日前から
度々階段の途中でオシッコやウンをしてしまったりしていたのですが
ちょっと下痢気味だったことなどもあり
それ程心配もしていなかったのですーー全くのんきなハハです
でも、すでに癌の手術から3年半、去年の鼻腔の洗浄からも
まもなく1年・・・炎症が広がって脳にまで影響を及ぼし始めている
可能性は大きいと思います
すぐY先生に連れて行きましたが、もちろん脳の中を調べるわけにはいかず
とりあえず細胞の働きを活発にさせる薬やビタミン剤など
処方していただきました
麻布大学の先生もうずの状態を考えると、あえて全身麻酔で
検査をすることは勧めない。又真菌の薬を飲んでみるという選択もあるが
今は御家族のケアが何よりの薬だと思います、とのこと
私たちも今更過激な治療をすることは全く望んでいません
このまま静かにうずとの日々を過ごすことにしました

幸い、涼しさのおかげでしょうか
今日はずいぶん元気になって
朝も、ピッタリ、ペットシーツ1枚分いっぱいにオシッコがしてありましたし
御飯も完食。夕方には一人で階段の下まで降り排泄を済ませました


昼間のうずさん。まだちょっとヨロヨロしますが・・
こんな、笑顔です
f0118135_21454531.jpg

Y先生の診察で、右目は完全に失明
すでに眼球が委縮し始めているとのことでした
うず・・いったいいつから見えなくなっちゃったの?
自分の目が見えなくなっちゃった時、いったいどんな気持ちでいたの?
つらかった?悲しかった?不安だった?
それなのに、何も言わないで
片方しか見えない目でいつもハハを見てくれていたのねーーー
抱きしめても抱きしめても、もっともっと強く抱きしめたい
いとしいうずさんですーーー

麻布の先生が、こう言ってくださいました
ーーー今も、鼻腔の癌のコが多いんです
そんなコには、うずちゃんの話をするんですよ
そうすると皆さんスゴク喜んで
思い切って手術を決断したり、頑張って治療に向き合えるみたいですーーー

うず、よかったね。頑張った甲斐があったね
うず、よかったね。うずが生きた証は、しっかりと残されたから
ふふふ…寝顔も笑顔
f0118135_00942.jpg

by luna-uzzu | 2011-07-20 23:50 | 犬・カメ・猫
<< 涼しさが元気の素? うずも野菜も・・・ >>